BrandLand JAPAN

best pot 海外展開

株式会社MOLATURA
プロジェクトマネージャー 松本 幸太

食材に熱を入れることに優れている土鍋「萬古焼」は、精度の高い成型が難しく、蓋と本体の密着度が常に課題だったが、高度な切削技術により陶器を削ることでその課題を克服し、蓋と本体の密閉度を極限まで高めて土鍋の特性を活かした蓄熱性の高い無水調理を可能にした。アメリカ市場において、感度の高い日本のモダンクラフト嗜好の強い店舗をターゲットとし、デジタルおよびリアルの場の両方で販路開拓を行い、best potをアメリカの食卓に広げることを目指す。

SNSを活用したリサーチベース・マーケティングから
リアルな販路開拓へ

本事業では、海外展開の第一歩として、アメリカ市場に向けて現地法人のPMと一緒にSNSを活用したマーケットリサーチを行い顧客のニーズを捉えながら、リサーチベース・マーケティング戦略(インフルエンサー活用、EC連動などプロモーション施策)を実施します。 同時に現地ターゲットなる店舗でのワークショップを開催するなどセールス活動も実施し、現地のニーズを確認しながら、課題や問題点を抽出、改善し、必要があれば現地ニーズに合わせた商品へシフトするなどしてアメリカ市場での販路開拓を実行します。


プロジェクトマネージャーが語る今後の展望


TOPICS

JANUARY

サンプリング インフルエンサー

料理関係、キッチン道具関係のインフルエンサーと交渉。サンプル動画を彼らのの利用しているSNSで宣伝してもらい様々なフォロワーの反応を調査いたします。販売用サイトとアマゾンへもリンクを貼り購入までのルートを調べます。ロサンゼルス、ラスベガスで人気店の有名シェフとサンプリング(アンケート記入)できるのか交渉しております。数店舗のレストランとは市場調査にご協力していただけることになりました、全米のレストランへキッチン道具の卸をしているバイヤーにもサンプリングを行い、彼らの顧客で興味のあるシェフにも今後サンプリングを実施いたします。

DECEMBER

オンライン インフルエンサー

キックスターターのデータをもとにインフルエンサーのリサーチを開始。ユーチューブとインスタグラムでフォロワー数が多いユーザーだけでなく、過去のケーススタディなどを分析し、販売力のあるインフルエンサーなのかどうかをベースにリストアップしました。キッチングッズで有名なインフルエンサーから家のインテリア商品を扱っているインフルエンサーもリストに入れ、多方面からアプローチしていきたいと思います。

NOVEMBER

土鍋マーケットの再調査

1ヶ月間のクラウドファンディングプロジェクトが終わり結果は不成立でしたが、この期間に様々な質問を頂きアメリカ人が求めている情報を得ることができました。スタート段階ではウィリアムズソノマなどで高級キッチングッズを購入している白人系アメリカ人をターゲットにしていたのですが、アメリカの土鍋マーケットはアジア系アメリカ人よって成り立っていることが分かりました。

OCTOBER

キックスターター開始

セットアップも無事終わり、遂にキックスターターでプロジェクトが始まった。初日は勢いよく支援者が集まり、商品に関する様々なフィードバックを頂きました。商品の価格と機能を他社製品を比較されることが多く、更なる検証を進めていく必要がある。キックスターターの勢いを再度加速させるために、SNSにて様々なターゲットやコンテンツを作り、広告を掲載。すると3000以上のユーザーをキックスターターのページに誘導することができ、プロモーション動画の再生回数も増加。

SEPTEMBER

動画撮影

アメリカのクリエティブチームを日本に派遣させ、数日間掛けて動画撮影を実施。日本人が「え?こんな所を撮影?」と思うショットがアメリカ人には好まれ、充実したシューティングとなりました。編集に関してはbespoの拘り・技術・デザイン性が伝わるようにジャズ調のバックグラウンド音楽を採用し、音楽に合わせたショットを選択。アメリカマーケットでの反応が楽しみです。

AUGUST

デジタル上での市場調査

商品が正式に販売される前に、全米に向けて市場調査を実施。従来のアンケート調査などとは違い、全米に住む不特定多数に向けたリサーチであり、商品を始めて知るユーザーが大半を占める。商品に対するユーザーの第一印象「生の声」を採取し、商品名やデザインなどで改善・改良できる点があるかを分析。 すると「ベストポット」が「最高のマリファナ」という風に直訳され、ユーザーからは大麻を栽培する機械なのかといったような意見が多く届いた。


COMPANY PROFILE

株式会社MOLATURA

https://www.bestpot.jp/

地場の伝統工芸品に、自社の1000分の1mm単位で切削加工できる高精度加工技術を掛け合わせて生まれたbest potは、日本が世界に誇る技術の結集である。 我々の想いと技術を詰め込んだbest potをアメリカの食卓に届ける事で、グローバルな規模で販路拡大を目指します。そうする事で今回のプロジェクトで関わっている地場の伝統工芸産業の活性化に伴い、地域の活性化に貢献・寄与できる事を願っています。

所在地
三重県四日市市広永町1245
TEL 059-336-5321 / FAX 059-336-5322
代表者
山添 卓也
設立
2018年2月

PROJECT MANAGER

松本 幸太(まつもと こうた)

BONFLY LLC CEO

プロジェクトマネージャーはアメリカに居住及び法人を構え、アメリカを基盤として事業活動を行っており、ターゲット国に精通をしている。 SNSマーケッティングを軸として、現地の市場リサーチや販売サポートを行なっており、日本の大手から中小企業の現地マーケッティング、セールスサポートについて多くの実績を有している。

これまで手掛けたプロジェクト:
井村屋USA / 既存の主力商品「あずきアイス」ではなく、ココナッツミルクベースの「モチアイスクリーム」をSNSプロモーションにより全米展開サポート 。「Mochi Coconut Frozen Dessert」としてコストコやラルフスで売られる大ヒットに貢献する。展示会サポートも行う。
Hoyu(Bigen) / ヘアカラー製品「Bigen」のアメリカマーケット開拓サポート。全米のアジア系マーケットシェア拡大のため市場調査、プロモーション、オンライン営業、展示会サポートなどを行う。
包丁ブランド / レッドオーシャンと思われた包丁市場だったが「品質・こだわり」のブランディングをストーリー性のある動画広告とSNSを活用。ECサイトの商品レビューが増え、メディアの特集を通じて信頼が上がり購買数が増加。