BrandLand JAPAN

伝統木工技術「組子」欧州需要開拓プロジェクト

株式会社タニハタ
プロジェクトマネージャー 飯塚 真弓

飛鳥時代から続く伝統木工技術、「組子」。釘を使わずに木を組むこの技術は、0.1ミリ寸法が違うだけで組み付けができなくなるほど微細な世界。この組子を使用して現代建築に合った商業施設用の欄間(和風の間仕切り、格子の引き戸)を製作。アジアの祥文様18種を駆使した和風の欄間を、欧州の建築市場に売り込み、新たな需要を開拓していきます。

日本の古典意匠、伝統技術を駆使した
和風間仕切りを欧州の建築市場へ

創業以来、国内の和室に組子建具を納入してきましたが、近年、ウェブサイトを通じて海外からの受注が増加し、全売上の約5%を占めるようになりました。その中で「現物のサンプルをみたい」「メールや電話ではなく直接、打ち合わせがしたい」という欧州顧客の要望が増えています。本プロジェクトにおいて、その声に応えるべくフランス在住のデザイナーと契約。欧州で組子製品の展示販売が可能な拠点を探し、組子ギャラリーを開設することを目的としています。


TOPICS

フランスで発行されている建築インテリア内装雑誌

商店建築・コンフォルトなど、日本のプロ向け建築インテリア内装雑誌に相当するようなフランスの媒体を探します。フランスでは商店建築系に特化した雑誌はなく、海外の雑誌が多いため、より一般的なインテリアデザイン雑誌や通常の建築雑誌のホテル特集、インテリア特集などもあわせて検討していきます。

「組子」欧州需要開拓プロジェクトとは

株式会社タニハタは、伝統工芸技術を駆使して引戸や欄間を製作・販売する会社。 近年ウェブサイトを通じて海外からの受注が増加しています。それにともない海外からは、「現物のサンプルを見たい」「直接打ち合わせを行いたい」という声も増えています。


COMPANY PROFILE

株式会社タニハタ

https://www.tanihata.co.jp/

伝統木工技術「組子」は、日本の住宅に使用されてきた微細な木工技術です。主に和室の障子や欄間などの部品に使用されてきた技術を、タニハタでは空港やホテル、駅などの大空間の商業施設にも使用できるよう強度・耐久性を高め、「商業施設用組子欄間」としてブランドを確立しました。

所在地
富山県富山市上赤江町1-7-3
TEL 076-441-2820 / FAX 076-432-2795
代表者
谷端 信夫
設立
1998年5月
資本金
2,100万円

PROJECT MANAGER

飯塚 真弓 (いいつか まゆみ)

IMMUNORIUM 代表

千葉大学建築学科、パリ・マラケ国立高等建築大学院を卒業。HMONP(仏一級建築士資格相当)・一級建築士を取得し、現在はパリの建築大学校で教える傍ら、個人建築設計活動を行っている。癒しの空間づくりを自身のテーマとし、建築デザインコンペ等でも発表。(建築環境デザインコンペティション 、d3 Housing Tomorrow competition、European Healthcare Design Awardsなど)