BrandLand JAPAN

白河だるまの商品開発・台湾市場での新規販路開拓

有限会社幸栄
プロジェクトマネージャー 木村 晋平

江戸時代、寛政年間より300年の歴史を有する「白河だるま」。寛政の改革で有名な松平定信公の「市民の生活をより元気に」という想いから幸運をもたらす縁起物として誕生し、福島県を代表する県指定の伝統的工芸品として多くの人々に愛されてきたこのだるま。10万人のクリエイターが登録するデザイン小物の物販サイト「Creema(クリーマ)」とコラボレートして、台湾への進出を目指します。

歴史と文化が育んだ「白河だるま」に
新たな可能性を吹き込み、世界へ発信

「Creema」とコラボレートし、クリエイター自身がだるまにデコレーションを行う「デコだるま部門」、クリエイターが描いたデザインをだるま職人が絵付けする「デザイン部門」でコンペを実施。新たな「白河だるま」を生み出すこの企画で商品化された作品を、Creema日本語版・中国語版両サイト上で販売。また、海外で開催するイベントでの展示・販売なども行う予定で、国内外に向け「白河だるま」とクリエイターの作品の魅力を伝える機会を創出したいと考えています。


FINAL REPORT

最終インタビュー

約12万人のクリエイターが登録する日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」とのコラボによって、これまでとは異なるアプローチを行いました。果たして、現地の反応はどうだったのでしょうか? ...続きを読む

最終イベント報告動画


TOPICS

白河だるまの商品開発・台湾市場での新規販路拡大

白河だるまは約300年前、寛政の改革のころから幸運をもたらす縁起物として地元の方々に愛されてきました。 白河だるま総本舗では、伝統ある白河だるまと日本各地のクリエイターをコラボさせることで、新たなアレンジやデザイン開発を行い、国内での販売拡大はもちろん、台湾をターゲットとした海外販路開拓にチャレンジします。


COMPANY PROFILE

有限会社幸栄

http://www.shirakawadaruma.com/

白河だるまを中心に様々な民芸品を製造、販売。近年では、一貫生産へのこだわりがお客様の要望に対して迅速かつ柔軟に対応することにつながり、結果としてお客様の可能性を広げつつあります。

所在地
福島県白河市横町30
TEL 0248-23-3978 / FAX 0248-27-0888
代表者
渡邊 守栄
設立
1991年
資本金
500万円

PROJECT MANAGER

木村 晋平 (きむら しんぺい)

株式会社クリーマ ディレクター

2016年に株式会社クリーマに入社後、地方自治体タイアップ案件を担当。案件のプロジェクトを企画・統括。現在は官公庁渉外担当・民間企業向けタイアップ案件を統括。前職ではデジタルコンテンツ業界のマーケティングプロモーション部署でリアルマーケティングを統括、国内外の大型イベントの出展、主催イベントの企画統括する経験を持つ。