BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Feb 28th, 2019

プロジェクトを振り返りと、来季の展望

今回でひとまずBrandLand Japanのプロジェクトとしては終了ということで、ツアー事業自体は続いていく、というかこれからが本番なのですが、これまでを一度振り返って、来年に向けての計画などを書かせていただこうと思います。撮影した写真を添えて。結論から言えば、ツアーはできた、反応も上々、だけど辛抱強く交渉や調整を続けており、まだツアー実施には至っていないという状況でございます。

今どのような状況か

夏にツアーの造成とプロモーションツールの作成を終えまして、秋から東京とカンヌの大規模商談会に出展するなど、接近戦での営業を続けております。ディープな日本の文化に興味を持ってくださる方は多く、嬉しい反響をいただいています。海外の代理店とも複数契約ができ、代理店が各国内の顧客を集めているという状況です。

見えてきた改善点

各国の代理店の方と話をさせていただく中で、いくつかの課題といいますか、改善点が見えてきました。ひとつは、かちっと確定したツアーよりもある程度柔軟性をもたせて、内容や日数の変更を対応できるようにしておいたほうがよいなということ。もうひとつは、ツアー実施に向けてメールや電話での接近戦と、SNSなどを活用した空中戦をどのように使い分けるべきかということです。振り返れば当たり前のような気もするわけですが、何ごとも動いてみて確信できる成果は多くありました。

これからの展望

というわけで、2019年度どうしていくのかという点ですが、まずは一度ツアーの実施を行うことが大きなステップとなります。5月ごろを目指しておりますが、各代理店の頑張り次第でもあります。一度実施することで、参加者のリアルなニーズをヒアリングできたり、撮影や取材を通して新たなツールをつくることができたり、次の景色が見えてくるでしょう。BrandLand Projectが終わっても、またどこかでみなさまのお目にかかれるくらい、注目されるいいツアーにしていきたいと思います。