BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Feb 13th, 2019

現地ニーズを意識した商品開発

台湾でのイベントが終了し、得られた課題を基に商品開発を実施。 催事出展だけでは、海外での継続した売上が得られないため、台湾でも気軽にこの味を楽しんでもらえるよう、自分で焼くスタイルを考案。 台湾に詳しい方々に意見やアドバイスをもらい、味だけでなく、「自分で焼く」という体験を入れることで、楽しさとSNSでの情報発信のしやすさを意識した商品にしました。 団子は和菓子というイメージがありますが、現地の飲食店が取り扱いやすいよう、チョコレートや抹茶、キャラメルを入れたバージョンなどを初めて作り、美味しく食べられるよう、調整を重ねています。