BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Feb 13th, 2019

海外向けECサイトの構築

リブランディングと並行して自社サイト型海外向けECサイトの構築をはじめました。 訪日外国人の増加もグローバルECを後押しする要因となり、海外のEC市場も視野に入れることでより大きなビジネスの可能性を手に入れることができると考えています。 「日本発」化粧品がさらにブランドとして定着し、良いイメージを持ってもらうことにもつながるようなグローバルなECサイトを手掛けました。

Webデザイン

今回、海外向けECサイトの構築にあたり重要なポイントとしてWebデザインには英語圏の海外に受け入れやすいサイトデザインを取り入れました。日本人に向けたECサイトと海外向けのECサイトでは、日本では日本の国民に受け入れやすいサイトデザインにするように、ターゲット国のターゲットにあわせたUIをデザインすることがユーザビリティの基本のため、ブランディング効果が高いサイトを構築しました。

海外向けECサイトの決済方法

海外でのEコマース展開は国内とは異なる点も多く、配送方法、決済方法設定など様々な課題が出てきました。 直接クレジットカードで決済してもらう以外にもPaypal決済などは主に欧米で広く普及している決済方法となっているためPayPal決済も導入しました。 海外市場を求める場合には不可欠のステップとなってくる課題を一つ一つ確実にクリアすることが重要と考えます。

海外向けECサイト、ローンチ後の戦略

有名でない化粧品がECサイトで売上を上げるのは非常に大変です。ローンチ後のキャンペーン企画、集客施策、サイト改善等の日々のE-Commerce戦略をテストマーケティングを行いながら運営していきます。ターゲットを明確にしたプロモーションをSNSなどの口コミでの拡散、認知を広めていくきっかけづくりの土台作りを確立していく予定です。