BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Feb 13th, 2019

各国の旅行会社との調整の中で

9月のVISIT JAPAN、12月のILTM。ふたつの商談会に出展してヨーロッパを中心とした多くの旅行会社さんに興味を持ってもらうことができ、細かな調整が続いています。国によって、旅行会社さんによって求めることが違う部分もあれば、似通っている部分もある。改めてこのツアーが提供する価値は何なのかと向き合うことが大切な時期なのかもしれません。(PMの僕ができることは限られてしまいますが)

サンフランシスコWFFS2019に出展

サンフランシスコにて1月13日から3日間開催された、Winter Fancy Food Show 2019に出展しました。展示会では、J-konjacシリーズ3品を中心に料理例も展示しながら、試食も行いました。ブースに来られた99名の方に試食確認して頂きながら、商談をする事が出来ました。米粉入り粒々こんにゃくの完熟トマトスープ味が、こんにゃくの食感が特徴的で、また完熟トマトスープとの組み合わせが珍しく、好評でした。既存取引先だけでなく、新規取引に向けても具体的な商談が行えました。

ツアーのカスタマイズとスケーラビリティ

先日TOPPANさんが開催されている富裕層向けのツーリズムセミナーに参加してきました。旅行や美術関連雑誌が展開するツーリズムについてのディスカッションだったのですが、やはり各社と一回ずつお客様のご要望を聞いてカスタマイズするのが質の高いおもてなしにつながる一方で、手間がかかりすぎてなかなかスケールできないというところに課題を抱えていらっしゃるようでした。

ツアー造成のノウハウ共有の場

このSAMURAI CRAFTツアーも実施しながら、どのようにツアーのバリエーションをつくっていくのかがより多くの旅行会社さんと連携していく上で重要なポイントかなと思います。ある程度の単価でツアー造成をされている事業者さんに共通する課題かと思いますので、ディスカッションができる場が多くあれば日本のインバウンドも次のステップに進むことができるのではないでしょうか。