BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Jan 8th, 2019

土鍋マーケットの再調査

1ヶ月間のクラウドファンディングプロジェクトが終わり結果は不成立でしたが、この期間に様々な質問を頂きアメリカ人が求めている情報を得ることができました。スタート段階ではウィリアムズソノマなどで高級キッチングッズを購入している白人系アメリカ人をターゲットにしていたのですが、アメリカの土鍋マーケットはアジア系アメリカ人よって成り立っていることが分かりました。

ターゲット変更

ターゲットをアジア系アメリカ人中心に白人層にも宣伝していく。有名シェフやインフルエンサーを中心にサンプリングを実施する予定です。現在流行しているインフルエンサーマーケティングですが、大小問わず商品にマッチするインフルエンサーに宣伝して頂くことが重要となります。今回は大物インフルエンサーより数人のマイクロインフルエンサーを活用していく計画で進めていきます。

セールスアプローチの幅

サンプリングで一人でも多くのインフルエンサーや有名シェフに宣伝して頂くことでセールスアプローチ及びECサイトの成果に繋げると考えています。どの代理店も商品に対して「誰が使っているの?」という質問をし、この人物がきっかけで交渉がスムーズに動き出すことも多々あります。有名レストランのシェフに限らず、調理系ユーチューバーや調理系インスタグラマーにベストポットを宣伝していただけるよう仕掛けます。