BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Jan 8th, 2019

メゾンエオブジェに出展

海外販路パートナーであるABingPLUS社のブースに出展し、ヨーロッパのみならず、他国からも評価を得ました。オーダー数は少しずつだが、思っていたよりも評価を得ることができました。傾向がサステーナブルなもの、紙素材ということ、環境に配慮しているということに各国のバイヤーの関心が向けられていることを実感しました。

また紙の特性としての印刷のカスタマイズが可能ということも問い合わせが多かった。印刷が自由なのでアーティストの作品を製品にしたいというご意見等もいくつかいただいた。製品自体の販売ももちろん、カスタムでの製造もスムーズな流れができれば国内同様進めていきたいと考えます。

今回の展示会に合わせて新商品のプロトタイプを3型用意していきました。そのなかのFUROSIKIタイプのバッグはひらくと1枚のシート状になっており、BENTOが注目されているフランスでも評判がよく価格帯等の問い合わせがあった。この形状は持つと斬新な形で開くと機能的である、また海外の販売を考慮しPM永田が新しくデザインしたものです。お弁当を包んで持ち歩き開くとピクニックシートにもなる、保冷機能も併せ持った製品となっています。