BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Jan 8th, 2019

商品の補充期間

”メゾン・エ・オブジェ"、FLUEXでのPOPUPでの出会いを経て、予想外の数量が出ており、うれしい悲鳴だ。今DRAW A LINEをお待ちいただいている状態がつづいており、日本から緊急に取り寄せている。しばしおまちいただけたら・・・と切に思う。しかし、「待ってでも欲しい」なんてメーカー冥利につきる。この「ワクワク感」をずっと共有できるような商品を提供していきたいと思う。そして、現地バイヤーにも提案を続けていけたらと思う。

クリスマスシーズンに向けて

そんな商品を待っていただいている中で、次の展開をしかけようと準備に入っている。もうすぐ12月、そう、クリスマスシーズンだ。みな、誰かの幸せのために何かをしたくなる季節。そんな時期に、DRAW A LINEをプレゼントに、もしくは頑張っている自分へのご褒美にしようとする人もいるのではないか。そんな人が手にしやすいよう、セールを計画中だ。家のドアを開けると、どのような「色」のDRAW A LINEがあるのだろうか。楽しみである。

餅は餅屋

”メゾン・エ・オブジェ”やパリの”POP UP"を経て残った課題。そう、展示の仕方だ。日本にはいい言葉がある。「餅は餅屋」だ。どうしても苦手などころは「プロ」にお願いをする。大事な「世界観」は残しながらも、演出は効果的に。そして、得意とする分野は自分で徹底的に。次のデザインウィーク、場所取りに苦戦しながらも準備は進んでいる。楽しみだ。

SNS、うまく使えばきっと広がる世界観

この時代、パソコンや携帯を持っていない人はいないだろう。コンタクトリストはもちろんのこと、SNSも使えたら大きな成果に繋がってくる。ただ、正解がない。そのために色々と試行錯誤をする。今回の中間報告会では大きなアドバイスやヒントがもらえた。今後、それをどう生かしていけるのか、うまく使えたら恐らく大きな成果に繋がるだろう。今後の大きな課題となった。