BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Dec 14th, 2018

ILTMへの期待と、現在の課題について

12月3日から8日までフランスのカンヌで開催される「ILTM Cannes」に出展することが決まりました。80daysとして、はじめての海外展示会。世界でも最大級のラグジュアリートラベルのイベントでどんなことが見えてくるか、今からとても楽しみです。というのも、今回つくりあげている「SAMURAI CRAFT」のツアーはまだ完成したばかりで、一度も実施しておらずプロモーションも開始したばかり。現地での反応にあわせて、内容も柔軟に見直しておこうと考えています。

旅の魅力をどう可視化するか

日本の文化や歴史について関心が高い方々には「SAMURAI」というキーワードは興味を持ってもらいやすい。一方でまだ実施していないツアーをどのように伝えるか、どこまで伝えるかというのは悩ましいところです。ILTMでは各国の旅行代理店の方とも多く話ができるため、どんなポイントに興味を示すのか、どこが伝わりづらいポイントなのかを捉えることができればと思います。

海外の人は日本をどう旅するか

日本人にくらべて、海外の人の旅行は長い。数週間旅行する人もいる中で、「SAMURAI CRAFT」は3泊4日でどっぷりと侍文化の世界に浸っていただくことを目指しています。ただ、1泊や2泊などもう少し短いツアーも用意することで、他のツアーに組み込んだり予定の調整もしやすいという声もちらほら。ILTMでもそのあたりのニーズを具体的に探ってきます。