BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Dec 12th, 2018

技術が結集した
日本製婦人靴を東南アジアへ

日本の良き技術を世界に発信し神戸の靴産業を活性化させたい、との強い想いがある。しかし全世界をターゲットにするには足のサイズの問題等を考えると難しい。そこで株式会社モーラプロダクトは日本人の足の形状と似ている東南アジアに目を向けた。その第一歩としてマレーシアクアラルンプールの伊勢丹KLCC店にて開催されたイベント、ONLY MI(10.12~10.25) に出店した。

日本製婦人靴を多くの方へ届ける為に

今回の伊勢丹KLCC店にて行われたイベントONLY MIへ出店した目的は、足に悩みを抱えている多くの方に日本の技術が結集した、幅が広く履いていて気持ちの良い靴をお届けしたい、との想いから参加を決意。まず、より多くの方に靴を手にして頂く為、YouTuberの招致、POPの設置、低反発素材を使用した実演を実施。その中でも、低反発材の実演は多くの方が足を止め、興味を示した。今回マレーシアへ輸出した靴には特殊な低反発材を使用している。衝撃吸収性に非常に優れており、歩く際に膝にかかる衝撃を見事に吸収してくれる。実演内容は靴に使用している衝撃吸収材にゴルフボールを落とし吸収性を目で確認して頂いた。その実演を見ていた、膝にお悩みを抱える方が靴を試し履きされ、その心地良さを実感し驚かれた顔が非常に印象に残っています。

マレーシアの需要

実際にマレーシア伊勢丹KLCC店にて販売を行い、お客様の足の形状を確認することができた。マレーシア伊勢丹KLCC店にご来店頂いた方の足の形状は日本人と酷似しており、共通点は幅広、サイズ感は22.5cm~24.5cmの範囲内に収まる方が多く見受けられた。また、購入された方の意見を聞くと、日本独自の技術で作られた靴をマレーシアで購入できることに魅力を感じるとのお言葉を頂いた。我々、ComPassブランドはこのようにお客様から魅力を感じて頂けるブランド、そして日本の技術を発信していく重要なブランドに成長していく必要性を強く感じた。