BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Oct 31th, 2018

ベルリン・NION WEEKでの物販

Sep 1st | 東西ドイツ統一による現在のベルリン復興を象徴するホルツマルクトを会場に物販のイベントが行われた。新しい時代のライフスタイルを追求するネオヒッピーの生息する同地域でヤマモは味噌醤油の蔵元としては唯一出店し、商品を完売させることができた。ヴィーガンが定着するベルリン食市場の中で和の調味料の需要の高まりを感じた。
––– With NION we envision to build a hot spot of contemporary creativity and traditional culture, a most innovative technology hub and a striving “local meets international” community.
quote from NION / Website

NION WEEKでのワークショップとプロモーション

Sep 7th | ワークショップでは味噌汁をベースとした和の調味料と出汁の組み合わせによる伝統的な味わいとそのアレンジによる新しいライフスタイルの提案を行った。現地料理研究家や起業家、メディアの方々がご参加され、同イベントのワークショップでは最も多いコアユーザーの12人がレジスターした。感度が高く、活動をされている方が多いため、繊細な味の違いを理解され、日本食に対する知識欲をヤマモのインバウンドツアーによりお応えできることをお伝えした。

Fermentator's Weekクラウドファンディング開始

Sep 11st | クラウドファンディングページを立ち上げ、広く資金調達と告知を行った。
発酵人による、発酵人のための、発酵イベントを開催します。私たち(代表:京野健幸、共同代表本村拓人)は秋田県湯沢市を中心に地域の再生を目的とした株式会社reblue(リブル)を経営マネジメントしています。リブルはre:brew(=再醸造)をコンセプトに、住宅や建築などの遊休不動産、老舗企業の商品やサービス、そして古くからその地域に受け継がれてきた風習や伝統を巧みに活かしながら、その地域の個性を引き立て醸す、そんな活動を続けています。発酵。それが、活動の舞台となる舞台となる湯沢市の強烈な個性の一つです。このイベントの目的は、この発酵を核として新たな産業を創出すること。そして、イベントを通じて関わった多くの人が、Fermentators(個性を醸す人)として発酵都市・湯沢の地域づくりに関わり始めることにあります。
Fermentators / Website

Fermentator's Week関係者説明会の開催

Sep 12th | モダニズム建築家・白井晟一の酒造会館を会場にイベントの説明会を行った。イベントのクラウドファンディングについて説明し、規模や実現可能性について皆さんと理解を深めた。また、会場には地元関係者だけではなく、御令孫の建築家・白井原太さんにもお越しいただき、イベントのスタートとなるカンファレンスについても理解を共有した。

インターンシップによる岩崎地域のリサーチとネットワーキング

Sep 16th | 岩崎地域でアート活動を行うためのリサーチとして10代から70代へのリサーチを終えた。この時点で各世代での交流の希薄さが地域課題と認識し、各世代にお掛けし、ヤマモでのランチネットワーキングを開催した。会場の熱は高まり、来月もこのネットワーキングを開催する流れとなり、Fermentator’s Weekのご参加や地域の合意形成の部分まで話は及んだ。地域で外国人の受け入れを促していくためには地域の理解が必要であり、本インターンシップはアート作品のリサーチのみならず、地域住民の意識の醸成に大きく貢献するものに発展した。

ヤマモ玄関のリノベーション

Sep 10th – 22nd | ベルリンから帰国後、会社の顔となる玄関のリノベーションを開始。現当主が祖先の改築の意図を汲みつつ、未来に向かって何をレガシーとして残すのか。考え方やセンスが問われるところ。古い建具のリメイクと石畳を彷彿とさせる床仕上げにより、ヤマモの前の旧国道(旧羽州街道)の名残を引き継ぐような玄関に改修し、更なる誘客と地域のレガシーの再構築を図る。

アート作品習作

Sep 24th | 現場から採取した菌を培養し、マイクロスコープで観察。そこからモチーフを得て、作品に生かせるか検討中。
今日から数日、日中は久しぶりに発掘、初日から縄文晩期の色々。やっぱり発掘現場美しい。夜少し中断していた秋田の制作少しずつ再開。菌により風景浮かび上がらせる 習作。今週末の戊辰150年イベントが終われば、こちらも、そろそろ加速させます。
アーティスト滝澤徹也氏 / Website