BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Sep 18th, 2018

「J-konjac」国産こんにゃくを北米に

古くから受け継がれてきた伝統食品であり、地元群馬県の特産品であるこんにゃく。その美味しさとヘルシーな特徴を活かし、新たな食べ方の提案を進めるのがJ-Konjacシリーズです。こんにゃくは低カロリー、無脂質、低糖質、食物繊維を多く含む為、ヘルシー食材の代表ともいえます。このこんにゃくを パスタ、ヌードル、スープ 等なじみの深い食べ方や手軽な調理方法で提案し、ダイエット需要の高い欧米市場に対しこんにゃく商品のPRを行います。長く培ってきた技法や配合法を活かし、群馬から欧米へ。日本が誇る伝統食品「こんにゃく」の新たな可能性を発信します。

海外向けのパッケージ開発

7月から仕上げの段階に入っているパッケージデザインが校了となりました。調理をイメージしやすい様な盛り付けを撮影をし、米国人が好みそうな配色で仕上げました。ダイエットに関心のある方へのアピールとして、カロリーや食物繊維、糖質を目立つ様表記しました。また、裏面には調理方法をイラストを加えて理解しやすい様載せました。包材メーカーにデータを提出し、版作成に向けての最終的な打合せを進めております。9月中には包材が仕上がり、販売を開始できる予定です。

ラインテスト

9月の本生産に向けて、こんにゃく麺のラインテストを実施しました。300リットル分を仕込み、麺線の状態や量目が正しいか、包材のシールが正しくなされているか等、詳細な確認をします。

情報発信のための打ち合わせ

商品をPRするための媒体の打合せを実施しました。バイヤー様との商談時や試食販売の際配布するリーフレットを作成し、蒟蒻のPRポイントである低カロリー、低糖質、食物繊維豊富の3つのポイントの他、アレンジレシピを作成し盛り付けを撮影する等、9月中に仕上げる予定で進めます。また、国内外に向けてインスタグラムを利用し、日本語と英語で蒟蒻の良さをPRできる様準備を進め、都度公開します。まずは、自社サイトで進めますが、料理を得意とするインフルエンサーを当たっております。