BrandLand JAPAN

  • Project Report
  • Dec 25th, 2017

24カ国、2,400余りの展示業者が出店してのコスモプルフアジア2017へ、日本パプリオンで5社合同のブースへ出店してまいりました。コスモプルフアジアは、アジアでは一番大きく、世界では二番目に大きな化粧品の展示会となっております。まだ終了したばかりで、ビジターの数や、実際交渉されたり、これから商談に進む企業数の詳細はこれからとなりますが、大盛況で終えられたことは確かと感じております。

すでにコスモプルフ開催期間中、香港そごう様での感謝セールのキャンペーンに参加させていただいていることもあり、店頭でのキャンペーンと併用して展示会で紹介できたことから、たくさんの方々からご質問を受けるチャンスとなりました。

やはり、中間価格帯のマーケットで日本のメーカーさんが余り進出していないことから、展示会でもアジアでは元気な韓国コスメが大きく取り上げられておりました。将来を見据えているバイヤーさんからは、韓国コスメも大人気だが、日本国内で見られるような、元気な、中間価格帯の商品もぜひ取り扱っていきたいというお声も聞くことができました。観光客の売り上げに支えられている香港マーケットでは、ブランドを意識した購買動向がありながらも、まだ中国など、自国では知られていないブランドでも、香港の売り場に対する信用から、試しに買ってみようというような動きも見られ、中間価格帯の商品が買い物かごの40%ほどはをしめるほどの人気ぶりとか。
高級ブランドを意識した買い物客が狙うは、中間価格帯の商品でも、ハイクオリティー。ブランドイメージが受け入れられやすい売り場づくりが重要と、今回の展示会でも、ディスプレイに興味津々で、これから自分たちが育てていくブランドを発掘したいというようなバイヤーさんもこられており、売り込みだけではない、バイヤーさんたちが、ブランディングまで考えるマーケットになっている香港市場での販売に、これから大きな希望の兆しが見えたような展示会での出店でした。